スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩み相談 > W不倫で悩んでいるなら

W不倫で悩んでいるなら

W不倫(ダブル不倫)の悩み

W不倫(ダブル不倫)とは、一般的に結婚している既婚者が、配偶者以外の異性の既婚者と、男女の関係にある状況を意味します。
W不倫(ダブル不倫)で悩む人は多くいます。
自分の置かれている立場によって、その悩みも辛さも異なります。

  • 自分がW不倫している当事者であり、配偶者と離婚したい悩み。
  • 自分がW不倫している当事者であり、不倫相手と上手く別れたい悩み。
  • 配偶者のW不倫を解消したい悩み。
  • 配偶者のW不倫が原因で離婚したい悩み。

W不倫の悩みはとても複雑

W不倫の悩み

W不倫(ダブル不倫)の場合、双方に家庭や配偶者がいることから不倫関係が発覚してしまうことで問題は大きく複雑になります。
自分がW不倫の被害者でも加害者でも、生活や子供のことを考えれば簡単に離婚に踏み切れない状況という人が多いのです。
そのために深く悩み辛い時間を過ごすのです。
例え自分が離婚に踏み切っても、不倫相手が離婚できない場合も考えられます。
自分の家庭だけ離婚問題に直面して、不倫相手の家庭は夫婦円満なんてこともあり得るのです。
W不倫が発覚しても双方の夫婦が離婚しない場合には、慰謝料を請求しても二つの夫婦間において、お互いに請求して、お互いに請求される関係なので相殺する形を取り、どちらの夫婦も慰謝料は請求しないように話し合うことがあります。
W不倫が発覚して夫婦が離婚する場合には、夫婦の間でも不倫相手に対する慰謝料請求を行なうことになるのが一般的です。

W不倫を解決するために

W不倫の場合、不倫している二人に配偶者や家族の存在がありますので、W不倫が発覚したときの問題は大きくなることが予想されます。
スムーズにW不倫を解決しなくては、不倫問題から慰謝料請求や離婚にまで発展してしまうのです。
配偶者の不倫に困っているなら、不倫相手の配偶者に事情を話して協力してもらうことも一つの解決方法です。
不倫相手の配偶者も困っているでしょうから協力してくれるはずです。
このように不倫相手の配偶者などに協力してもらうことで不倫を解消したり、再発を予防できる場合もあります。
しかし、不倫相手方の夫婦が不倫の事実を知らない場合や、知ったことにより離婚を決断すれば問題はさらに複雑化することも考えられます。
不倫相手の夫婦が離婚を決意することで慰謝料を請求されたり、自分の配偶者も離婚を望んでくる可能性が高くなります。
ますます問題が大きくなってしまうこともあるのです。

W不倫が原因で離婚する場合

配偶者のW不倫で離婚する場合

配偶者のW不倫に悩まされて、「離婚しよう」と決意する前に離婚後の生活を想定してシュミレーションしてみると良いでしょう。
離婚して生活する上で経済的な問題や精神的な問題、子供のことなど多くの問題を考えなくてはいけません。
離婚後に環境が変わることで支障を来たさず生活できるように自立した考えと行動が必要になります。
子供に不憫な思いをさせないでいいように自分がしっかりしなくてはいけないのです。
一時の感情からだけで離婚を決意してはいけません。
離婚後の生活をきちんと考えた上で、慰謝料や養育費、財産分与や親権について決めなくてはいけないのです。
そして、離婚することが本当に望ましい結論なのか、よく考える必要があります。
W不倫した配偶者も家庭を壊そうとまで思っていない場合も多々あるのです。
そのようなことを踏まえて「配偶者を許せるのか」、「もう一度夫婦としてやり直せるのか」を真剣に考えなくてはいけません。

自分がW不倫して離婚する場合

「離婚してでも一緒になりたい」と自分がこのように思っていても、不倫相手は「W不倫がバレないように関係を続けたい、バレても離婚はしたくない・・・」という場合があります。
不倫と家庭を両立できている人は絶対に後者の意見です。
このような場合、自分が離婚に踏み切っても、不倫相手は離婚しないことになります。
不倫相手が離婚に踏み切らない場合、「不倫しているけど家庭は壊したくない」、「家族は失えない」という意見が多く見受けられます。
このような意見の相違からW不倫関係を解消して恨みに変わってしまう人がいるのです。
自分は何もかも捨てて離婚したのに、不倫相手は離婚に踏み切れないことが「裏切り行為」と捉えてしまうのです。
W不倫している者同士が、お互いに家庭や家族を犠牲にして離婚を決意し、結婚に踏み切ろうとする場合には自分の気持ちだけではなく、離婚に踏み切る前に不倫相手の本当の気持ちを確認したり、同じ気持ちでいることをしっかりと確認しなくてはいけないのです。
自分だけが全てを失ってしまったという被害者意識を持たないでいいように意思の疎通が出来ていないといけないのです。
そして、それでも同じ気持ちでいるならW不倫している事実を知られないうちに、それぞれお互いが配偶者で話し合って協議離婚して、その後に結ばれたという状況をつくった方が良いのです。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋工作料金表

↑PAGETOP