スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩み相談 > 社内不倫で悩んでいるなら

社内不倫で悩んでいるなら

社内不倫の悩み

W不倫の悩み

会社内で恋愛に発展しても普通の社内恋愛なのですが、どちか、もしくはお互いが結婚している既婚者であれば恋愛する二人は社内不倫となってしまいます。
同じ会社で不倫相手と知り合って、不倫の恋愛が始まったという人は多いものです。
会社において上司・同僚・部下と毎日顔を合わせ、力を合わせて仕事に取り組み、親身になって接している男と女であれば恋愛感情に火がついてしまうことは自然なことかもしれません。
このような社内不倫の場合、まず二人の交際は会社には絶対に秘密にするでしょう。
社内で不倫恋愛の噂が出てしまうことで二人の立場や仕事にも支障をきたし兼ねません。
社内で噂にならないように注意を払って密会を続けます。
二人の関係をオープンに出来ない恋愛を続けることでもどかしさを感じることも多々あります。
そして社内に恋愛の相談を出来る人もいないことから二人の関係がピンチを向かえても周囲には応援してくれる人、協力してくれる人がいないので辛く感じてしまいます。

社内不倫のデメリット

  • 堂々と恋愛出来ないことに歯痒さを感じる。
  • 喧嘩してしまうと会社に行くのが辛くなる。
  • 別れても顔を会わすことが苦痛になる。
  • 転勤や転職を考えたりする。
  • 他人の噂話に敏感になる。
  • 解雇や左遷、減給の対象に成りうる。
  • 婚期が遅れる。

社内不倫にリスクはつきもの

社内不倫の場合、通常の不倫関係よりもリスクは高いと考えられます。
勤務先である会社を巻き込んでしまうことが考えられるのです。
社内不倫から二人の関係が発展して結婚へと話が進んだ場合、または二人の社内不倫が会社にバレてしまった場合には、どちらか、もしくは両方が会社に残れなくなるケースも考えられます。
解雇、転勤、左遷、減給、降格・・・。
会社にいられなくなり、辞めざるおえない状況で転職先も決まらないまま不倫相手と同じ会社に勤務することは苦痛かもしれません。
社内の噂や周囲からの視線に耐えなくてはならないのです。
また、社内不倫が発覚して、不倫相手の配偶者に慰謝料を請求されても職を失いそうで払えませんとは言えません。
このように社内不倫が発覚したら、社内での風評もあるので、会社に居づらくなってしまったり、社内の目が気になったりと、どうしても不倫が表沙汰になると困る…ということが多いのです。
社会的立場のある二人が始めた社内不倫には、耐えなくてはいけないリスクを覚悟しておく必要があると言えるでしょう。

社内不倫の悩みを解消するために

自分が不倫している場合

不倫相手が同じ会社にいることでオープンに恋愛できないことで、社内不倫について悩んでいる人が多いようです。
恋愛が順調であれば、社内不倫が発覚する前にどちらかが転職するという場合も多いようです。
こうして会社の目を気にしないで済むように社内不倫の悩みを解消しているようですが、それでも社会の目は気になる不倫関係のままなのです。
社内不倫を成就させるには、二人の愛が本物でなくてはいけません。
お互いを求め合う気持ちが本物であれば社内不倫からでも発展することはあるはずです。
相手も真剣に考えてくれてはいるが、どうしても離婚できない状況ということも考えられます。
そのときあなたは諦めてしまいますか?それとも略奪愛を求めるでしょうか?真剣な恋愛と思うなら貫いても良いかもしれません。
その場合、相手も同じ気持ちでいることに限られます。

配偶者が不倫している場合

不倫された配偶者としては、夫や妻が社内不倫していることに悩みます。
会社や勤務先の上司に相談して、転勤や配置換えをしてもらったり、監視役になって頂けるように協力を仰ぐと良い場合があります。
しかし、上司や会社が社内不倫の関係に気付いていない場合には、うかつに相談することで大きな社内問題になってしまう可能性があります。
会社が社内不倫を知ることで解雇、転勤、左遷、減給、降格・・・などの対象になってしまう場合があるのです。
しかし、見て見ぬ振りも出来ません。
この様なときに社内不倫の悩みを解消するのが、別れさせ屋工作というサ-ビスです。
社内不倫を当事者二人の間から解消させて、元の暮らしを取り戻せるようにお取り組みします。
この社内不倫解消方法は、相手に知られることなく、合法的に不倫解消できると共に依頼した事実が発覚することはありません。
社内不倫している当事者間に別れるきっかけ・別れる原因を作り出して会社に知られることなく、二人の恋愛の中で消滅させてゆくのです。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋工作料金表

↑PAGETOP