スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫を別れさせたい > 夫が不倫したら

夫が不倫したら

夫の不倫が発覚したら

不倫で離婚

「夫が不倫しているかもしれない・・・」という疑いが確信に変わった時、妻として辛く苦しい悩みになります。
不倫という裏切り行為は、心に深い傷を負うことと同時に夫婦としての結婚生活に大きな溝をつくります。
夫の不倫が発覚して夫婦として離婚を決意するならば、夫との話し合いになります。
しかし、「夫と離婚したくない」という妻も多くいるのです。
離婚したくない理由としては、「今までの生活環境を変えたくない」、「子供に不憫な思いはさせたくない」、「自分に不倫の原因がある」など様々な意見です。
不倫していた夫を許して受け入れる妻は多いのです。
その場合、不倫している夫の気持ちを取り戻さなくてはいけません。

まずは、夫が不倫相手に本気で夢中になっているのか?それとも火遊び程度の浮気と考えているのか?という判断が必要になり、対処の仕方も異なります。
また、夫の不倫を確信しても夫に直接問い詰めないほうが良い場合もあるのです。
問い詰めて夫の気持ちを追い込んでしまうことで逆上したり、不倫相手に気持ちが完全に向いてしまうことがあるのです。
これでは夫の不倫を円満に解決することが難しくなってしまいます。
夫の不倫理由から解決方法が見つかることが多いのです。

夫の不倫理由を知る

不倫をする夫は、妻や家庭では得られない感情の刺激や心のトキメキを求めている場合が多いのです。
夫婦生活がマンネリ化することで恋愛感情とは程遠くなります。
男性はいつまでも女性の尻を追っている生き物です。
女性と恋愛したり、口説き落とすことで男としての自信に繋がるのです。
妻に相手にされなかったり、男として見てもらえないことで不満を抱えてしまうのです。
基本的に不倫する男性は、自分のことを理解してくれる女性と出会ってしまったり、男性特有の浮気心から不倫に発展してしまう人がほとんどです。
不倫という恋愛にトキメキを感じて楽しんでしまうのです。
夫の不倫理由を知り、家族や夫婦関係に夫の必要性を見出すことが出来れば不倫を解消することが出来るのです。

夫の不倫は本気なのか!?

夫の不倫が発覚して既に問い詰めている場合には夫の反応を良く見る必要があります。
深く反省し、後悔しているなら過ちであったと考えられます。
しかし、反省どころか開き直っていたり、逆に「離婚したい」と言われた場合には、その不倫は遊びではなく、本気になっていると考えられます。
男性は好奇心で浮気して、相手に必要とされることで本気になります。
浮気性な男性の不倫は遊びと割り切っている場合が多く、恋愛経験の少ない男性は不倫にのめり込んで本気になっているケースが多いのです。
他人の意見など全く聞き入れなくなり、自分の置かれている状況や立場を客観的に理解できなくなるほど夢中になってしまうのです。

夫の不倫を解消するための別れさせ屋工作

夫が不倫相手に夢中になってしまっている場合、不倫している当事者二人の間でその不倫関係を消滅させるために別れさせ屋工作というサービスを行なっています。
不倫しているお互いが夢中になって相手を求めている場合には、不倫相手の女性側に別れさせ屋工作を仕掛ける方法が一般的です。
今は不倫相手に気持ちが向いている夫ですが、工作の中で不倫相手に不安を感じて信用できなくなるように仕向けるのです。
少なからず既婚者と不倫している女性は、不倫に対しての後ろめたさや不安はあるものです。
恋愛に夢中になり易い男性よりも自分の状況を冷静に考えているものです。

また、新しい恋愛をすることで後ろめたさや不安のある不倫をやめられる、忘れられると考える女性も多く、好きな人を見つけることが出来たら、すぐにでも新しい恋愛に乗り換えて不倫を解消する女性もいるのです。
夫は不倫を「遊び」と捉えているにも関わらず、不倫相手の女性が本気になって不倫関係が続いている場合もあります。
このような場合には夫側に「新しい不倫相手」を別れさせ屋工作で演出して不倫相手の女性と別れさせるように仕向けます。
自分を捨てて新しい女性をつくってしまったことに不倫相手は幻滅し、気持ちが切り替わるのです。
そして不倫相手は冷静に考えることが出来るようになり、自分の状況を理解して不倫という関係を解消するのです。

詳しい別れさせ屋工作について知りたい方はこちら

夫の不倫解消後は・・・

不倫している二人がその不倫関係を解消しようとする時、夫は精神的に不安定になることがあります。
恋愛相手を失うことで心にポッカリ穴が開いてしまい、気持ちの整理が出来るまで時間を要する場合があります。
一日も早く不倫を吹っ切って元気な姿を取り戻すには家族や妻の支えを必要とします。
本来の夫の姿まで、元の家庭環境に戻るまでに時間が掛かることがあります。
また、妻の立場から不倫していた夫を批判したり、罵倒したり、詰め寄ってはいけません。
家庭の温かさ、家族の大切さ、夫婦の絆を理解できるように温かく接してあげることを心掛けて下さい。

この別れさせ屋工作を実施する上で最も重要なことは、妻であるあなた自身の献身的な協力です。
協力と言っても実際に工作に参加する訳ではなく、工作中の夫の様子を観察して支えてあげるという協力です。
夫の様子を観察することにより、夫の変化を確認することが出来ます。
不倫関係を清算後、夫と仲直りして家庭を築き直していくには、夫の自覚と反省、家族や夫の支えが必要になります。
不倫解消後の夫婦が離婚せずにやり直そうとするならば、不倫した夫側、された妻側が共にお互いを支え合う努力が必要になります。

不倫した夫

  • 本気で謝罪して心を入れ換え二度としないことを誓う。
  • 心からの家族を思いやり自分ができることを考える。
  • 明るく楽しい家庭のムードづくりを心掛ける。

不倫された妻

  • 覚悟して許したのなら完全に忘れる努力をする。
  • 今後ケンカしても過去の不倫を口に出さない。
  • 新たな気持ちで夫婦関係を築く。
  • 疑いを持たず心から信用してあげる。
  • 不倫相手の悪口を言わない。

許すと決めたなら気持ちを引きずらない

夫の不倫を口では「許す」と言っても生涯忘れることの出来ない深い心の傷となります。
不倫をされた妻は一度どこかで辛い気持ちを全部吐き出し、気持ちをリセットしなくてはいけません。
不満や不安を抱いたまま夫とやり直そうとすれば夫婦関係の修正が難しくなってしまいます。
夫が心から反省し、謝罪して夫婦の再生に努力するなら許してあげることも大切なのです。
決して憎しみや怒りの感情を引きずってはいけないのです。
また、「時間」が解決してくれる場合もあるでしょう。
時間が経つことで忘れてしまう過去になることだってあるのです。
そして夫婦の間にどんな試練が降りかかろうとも、乗り越えようという気持ち、それに向けて努力してみようという気持ちがある限り、いつでもどんな状況からでも夫婦として家族として修復することは可能です。

夫の不倫を防止する

夫婦になることで夫と妻は男と女というよりも家族のような存在になります。
そこに夫が不倫に走ってしまうきっかけや原因があるのです。
不倫した夫が悪いのはもちろんですが、不倫された妻にもその原因やきっかけはあるものです。
結婚後何年も経つと結婚当初は当たり前だったことが、少しずつ少しずつ気付かないうちにどんどん失われていっている場合が多いのです。
日常のマンネリ化、子ども中心の生活や態度、それがきっかけで、仮面夫婦、家庭内別居、セックスレス、浮気、不倫、離婚という問題になるパターンのようです。
結婚相手に浮気されたくないなら、とにかくお互いがお互いを気にする存在であり続けなくてはなりません。
夫婦と言えども男女である以上、「男」と「女」を意識させることも必要なことです。
そのための努力も必要なのです。

夫が残業や接待、または会社の飲み会等でどんなに遅くなっても、部屋の灯りを灯して待っていてあげるようにしないといけません。
寝静まりかえって家の中が真っ暗というのはいけません。
遅くなるから寝てもいいよ、と言われたとしても、起きて待つことが大事なのです。
子どもが学校に行っていると、朝が早くて辛いから、だから夫に付き合って遅くまで起きていられないというのも理由になりません。
夫が家に着いた時、この灯りにどれだけ心が和むか、温かい気持ちになれるか、待っていてくれる家族や妻がいることに安堵を覚えるのか想像してみて下さい。
ドアを開けると笑顔で「お帰りなさい」と温かく迎えてあげて世話を焼いてあげるのです。
決して「遅いじゃない!どこほっつき歩いてんのよ! 何時だと思っているの!」などと言ってはいけません。
些細なケンカのときも「勝手にすれば」、「好きにしていいよ」という投げやりな言葉は使ってはいけません。

家庭ではまず先に子ども優先に考えがちですが「夫の存在」を忘れないでください。
夫婦お互いの愛情で夫の不倫は防止できるのです。
夫婦として程好い距離感をキープして、日々愛情を伝え続けることです。
ありきたりの答えではあるけれど、愛を育てるのは、スキンシップと思いやりのある言葉です。
長く一緒にいると、緊張感を保つのは難しいけれどお互いに刺激を与え合えると良い夫婦関係が続くのかもしれません。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋工作料金表

↑PAGETOP