スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫を別れさせたい

不倫を別れさせたい

不倫関係を解消させるには

どんなにラブラブな夫婦でも、愛情が冷めてしまうことがあります。
愛を誓った夫婦の気持ちが永遠に変わらないことは難しいのです。
出会った頃とつき合ってから、また何年もたって状況が変わった後では、夫婦関係にも変化があって当然です。
でも、愛のカタチが変わるのは受け入れられても、相手の気持ちが自分以外の誰かに向いてしまうことは絶えられないものです。
パートナーの不倫に悩む人は多いけれど、不倫する側とされる側、その原因と心理がわかっていたら不倫は未然に防ぐこともできたでしょう。

もし、あなた自身で「不倫」の確証を入手した場合、その証拠をどの様に利用しますか?

  • 離婚して慰謝料と養育費をとる。
  • 不倫相手に慰謝料を請求する。

この様に考える方がいる一方で、子供や家族のことや今後の生活のことを考えた場合に、即座に離婚を決断することはできないと思います。
「不倫は許せないけど離婚は・・・」離婚は最終的な判断であり、決して急ぐ必要はありません。
夫婦で話し合いの末に離婚を決意したり、別れる事で気持ちが整理出来るのであれば良いですが、その様に思える人たちばかりではないのです。
「離婚したくない」、「別れたくない」、「あの幸せな頃に戻りたい」というのが本音であり、ほとんどです。
嫌いになって別れる人ばかりではないのです。

「嫌いになれたらどんなに楽か」という声も聞かれます。
一方的に別れを告げられたり、突然連絡が取れなくなったり、急に出て行ってしまったりと状況は様々ですが気持ちは残ったままでいるのです。
話し合おうとしても、しつこくされているように思われてしまったり、別れたくないという気持ちを伝えれば重荷に感じ取られて余計に冷められてしまいがちです。

不倫を止めさせたい相手はどちらですか?

不倫を解消させる為の別れさせ屋工作

不倫を解消させる為

不倫相手を許せないという思いから、相手の家や職場に乗り込んだり、法的措置を取れば、大切な人の気持ちまで増々自分から遠ざかってゆくこともあります。
だからと言って諦めたり、我慢して放っておけばどんどん深刻な事態になりかねません。
周囲から何を言われても聞こえない二人なのですから、本人同士で気付くしかないのです。

本人達に気付かせるには、周りからではなく当事者である不倫している二人からなのです。
こうして不倫を解消したいという依頼から生まれたサービスが別れさせ屋工作なのです。
本人達に別れるキッカケ・原因を作り出し、事を荒立てずに自然な恋愛の中で消滅させてゆくのです。
「別れたくない」、「離婚したくない」という思いからのご自身の言動や行動で事態が深刻化してしまう恐れがある場合は別れさせ屋工作にお任せ下さい。

詳しい別れさせ屋工作について知りたい方はこちら

許せないのは不倫相手

不倫の証拠はあるが、パ-トナ-の性格上追求すると逆上しないか?開き直ってしまうか?家を飛び出すのでは?今後の生活は?と考えると、本当は証拠を突きつけて抗議したくても、思い通りにできない場合もあります。
この様なときに、あなたの悩みを解消するのが、別れさせ屋工作というサ-ビスです。
不倫関係を解消させて、元の暮らしを取り戻せるようにご協力します。
この不倫解消方法は、パ-トナ-に知られることなく、合法的に不倫解消できると共に、あなたが依頼した事実が発覚することはありません。

不倫の事実確認

パ-トナ-の行動を監視して、不倫の決定的な証拠を押さえると共に、不倫相手の身元を詳しく調べます。
不倫の事実を元に不倫相手を脅したり、相手の家や職場に乗り込んだり、法的措置を取れば、大切な人の気持ちまで余計に遠ざかってしまうこともありますので、辛いと思われますが見て見ぬフリを貫いて下さい。

不倫関係を終わらせる別れさせ屋工作の方法

『恋は盲目』とよく言います。
不倫している二人もまたそのような状況でしょう。
このような場合には、冷静である方に別れさせ屋工作を仕掛ける方が良いとされております。
お互いが夢中になって相手を追い掛けている場合には、独身者に別れさせ屋工作を仕掛ける方が効果的です。
辛い不倫を経験している人と、楽しい不倫に夢中になっている人は現状や今後の考え方や捉え方が違うものです。
今は不倫相手に気持ちが向いているですが、工作の中で二人が不安になったり、信用できなくなるように仕向けるのです。
不倫相手との恋愛に迷いが生じるように工作しなくてはなりません。

また、新しい恋愛をすることで不倫を忘れられると考える人も多く、好きな人を見つけることが出来たら、すぐにでも乗り換えて不倫を解消する人もいるのです。
この「新しい恋愛」、「好きな人」を別れさせ屋工作で演出するのです。
二人が不倫を解消しようとする時、とてもナーバスになると予想されます。
そんな状況のパートナーが一日も早く吹っ切って元気を取り戻すには、家族やパートナーの支えを必要とします。
本来の姿まで、元の家庭環境に戻るまでに時間を要する場合もありますが、不倫していたことを批判したり、そのことを詰め寄ってはいけません。
家庭の良さ、家族の大切さを理解できるように温かく接してあげるように心掛けて下さい。
この別れさせ屋工作を実施する上で最も重要なことは、あなた自身の協力です。
協力と言っても、実際に工作に参加する訳ではなく、実施段階でのパ-トナ-の様子を観察して、支えてあげるという協力です。
本人の様子を観察することにより、あなた自身もその効果を実感できます。

不倫の防止

結婚して何年かが過ぎると、夫と妻は男と女というよりも家族のような存在になってしまいます。
  そこに夫や妻が不倫・浮気に走ってしまうキッカケや原因があるのです。
不倫・浮気した側が悪いのはもちろんですが、された側にもその原因やキッカケはあるものです。
結婚後何年も経つと結婚当初は当たり前だったことが、少しずつ少しずつ気付かないうちにどんどん失われていっている場合が多いのです。
日常のマンネリ化、子ども中心の生活態度、それがキッカケで、仮面夫婦、家庭内別居、セックスレス、浮気、不倫、離婚という問題になるパターンのようです。

結婚相手に浮気されたくないなら、とにかくお互いがお互いを気にする存在であり続けなくてはなりません。
夫婦と言えど男女である以上、「男」と「女」を意識させることも必要なことです。
そのための努力も必要なのです。
夫(妻)が残業や接待、または会社の飲み会等でどんなに遅くなっても、部屋の灯りを灯して待っていてあげるようにしないといけません。
寝静まりかえって家の中が真っ暗というのはいけません。
遅くなるから寝てていいよ、と言われたとしても、起きて待つことが大事なのです。

子どもが学校に行っていると、朝が早い。
だから夫(妻)に付き合って遅くまで起きていられない、というのも理由になりません。
夫(妻)が家に着いた時、この灯りにどれだけ心が和むか、あったかい気持ちになれるか、待っていてくれる家族がいることに安堵を覚えるか、想像してみてください。
ドアを開けると笑顔で「お帰りなさい。」と温かく迎えてあげて世話を焼いてあげるのです。
決して、「どこほっつき歩いてんのよ?何時だと思っているの?」などと言ってはいけません。
些細なケンカのときも「勝手にすれば」、「好きにしていいよ」という投げやりな言葉は使ってはいけません。

家庭ではまず先に子ども優先に考えがちですが、「夫の存在」、「妻の存在」を忘れないでください。
夫婦お互いの愛情で不倫は防止できるのです。
ほどよい距離をキープして、日々愛情を伝え続けること。
ありきたりの答えではあるけれど、愛を育てるのは、スキンシップと思いやりのある言葉。
長く一緒にいると、緊張感を保つのは難しいけれどお互いに刺激を与え合えるといい関係が続くのかもしれません。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP