スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫を解消したい > 不倫相手とのやり取り

不倫相手とのやり取り

不倫相手とのやり取りは難しい

不倫相手とのやり取り

不倫相手に慰謝料請求をしても素直に応じない場合もあります。
きちんと謝罪と慰謝料の支払いがあれば良いのですが、誠意の無い対応も多いようです。
不倫をされた側としては、不倫による肉体的・精神的苦痛を受けたのですから、高額な慰謝料を請求したいのは当然と思います。
しかし、高額な慰謝料を請求しても不倫相手に支払い能力がなければ意味がありません。

例えば、不倫相手に100万円の慰謝料請求をしたとします。
不倫相手より「50万円であれば支払える」などの減額を希望する返事が来ることもあります。
多くの方の場合は、「100万円の慰謝料を請求したのに、半額で返事をするなんて許せない!」となります。
専業主婦などではなく、きちんと会社勤めをしていてある程度の年収があるのに減額の要求をしてきたのであれば、提示した金額を支払うように交渉するのが良いでしょう。

本当に支払い能力がない場合は、ある程度の減額や分割払いに応じる必要もあります。

  • 減額が嫌な場合は、分割払いにて応じてあげる。
  • 分割払いが嫌な場合は、減額に応じてあげる。

というのが早期解決の近道です。
不倫をされた肉体的・精神的苦痛を不倫相手に分からせるために、減額は絶対に嫌だ!
「ある程度の長期間でも良いので分割にしたい」という方もいらっしゃいます。
分割払いですと、途中で支払いが滞る可能性があるだけではなく、お互いに新しい生活をスタートさせることが出来ないでしょう。

不倫相手が独身の場合

不倫の慰謝料請求をする相手が独身の場合でも、不倫に対する慰謝料請求をすることが可能です。
不倫相手が独身の場合、気をつけることがいくつかあります。
例えば、自分の配偶者が相手に

  • 「独身」だと偽っていた
  • 「夫婦関係がうまくいっていない」
  • 「近い将来離婚する予定」

などと言っていなかったか注意する必要があります。
上記のようなことを不倫相手に言っていた場合は、不倫相手に罪はないと考えられてしまう場合があります。
不倫相手からの言い訳や反論があることは、ある程度覚悟しておく必要があります。
「独身だと言われてたので交際していた」などの言い訳をしてきた場合でも、社内不倫の場合は本当に独身だと思っていたか怪しいものです。
また、「夫婦関係がうまくいってないと言われたので交際していた」と言い訳をしてくるケースもあるでしょう。
不倫相手の奥さんが妊娠していることを知っていたのであれば、本当に夫婦関係がうまくいってなかったのか理解できたのでは?と考えられるでしょう。

不倫相手は慰謝料を支払うのが嫌で、このような言い訳や反論をする可能性は大です。
このような言い訳や反論を避けるためにも、専門家に相談をして最善の方法で不倫相手に慰謝料請求をしましょう。
どの方法が自分にとって一番良いのかを落ち着いてよく考えてから行動するようにしましょう。

不倫相手が既婚者の場合

不倫相手が既婚者でも不倫の慰謝料請求をすることが可能です。
ダブル不倫だからといって泣き寝入りする必要はありません。
堂々と不倫相手に慰謝料請求をしましょう。
不倫相手が既婚者の場合は、色々と注意する必要があります。

仮に、A夫・A妻、B夫・B妻がいたとします。
A夫が既婚者であるB妻と不倫をしています。
A妻はA夫の不倫相手であるB妻に慰謝料請求をするために、B妻の自宅へ内容証明を郵送しました。
B夫が留守のときに内容証明が届けば良いのですが、内容証明をB夫が受け取った場合に色々なトラブルに発展する可能性があります。
内容証明の文面をみれば、自分の妻(B妻)が不倫をして慰謝料請求をされていることはもちろんのこと、不倫の事実も知ることになるでしょう。
不倫の事実を知ってしまったB夫は配偶者であるB妻にはもちろんのこと、A夫に対しても不倫に対する慰謝料請求をすることが可能です。

このようなケースの場合、どちらが先に誘ったかなどを争うことになるようですが、最終的に「相殺」という結末になるのが現実です。
不倫相手が既婚者の場合は、相手の配偶者に不倫の事実を知られないように慰謝料請求をすることも必要です。
但し、交際の中止を強く希望する場合は、相手の配偶者に不倫の事実を知ってもらうようにする場合もあります。
この場合は、慰謝料を望むよりも交際の中止を強く希望する場合です。
どの方法が自分にとって一番良いのかを落ち着いてよく考えてから行動するようにしましょう。

不倫相手からの反論・言い訳

不倫相手に慰謝料請求をしたが、不倫の事実を認めずに、謝罪や慰謝料請求に応じない人もいます。
不倫相手からの反論の多くは

  • メールでの連絡や食事に行ったことはあるが「肉体関係はない」
  • 既婚者だと知らなかった

不倫相手を特定して慰謝料請求をしても、「肉体関係がない」場合や「独身だと言われていた」などの場合は、慰謝料を支払う義務はないと考えられてしまいます。
不倫相手は慰謝料を支払いたくないので、色々と言い訳や反論をしてくると思った方が良いです。
肉体関係を思わせるメールや手紙、写真などの証拠を押さえていても安心してはいけません。
配偶者(夫または妻)が独身だと偽り交際をしていた場合は、不倫相手に罪はないと考えなければいけないことがあります。
但し、配偶者と不倫相手が同僚などの場合は、既婚者だと知っていたと思って良いでしょう。
不倫が発覚し、不倫相手を特定して証拠を得たとしても、配偶者(夫または妻)からも事情を聞いておく必要がある場合もあります。

不倫相手からの慰謝料請求

不倫相手を特定し慰謝料請求をしても、不倫相手から言い訳や反論がある場合があります。
配偶者(夫または妻)が独身だと偽り、不倫相手と交際していた場合、不倫相手は慰謝料を支払う義務はないと考えられてしまう場合があります。
配偶者が独身だと偽って交際をしていたのであれば、不倫相手は配偶者に慰謝料請求をすることが考えられます。
不倫の事実を知ったことにより、不倫相手はもちろんのこと配偶者に対しても許せない気持ちになるのは当然です。
まずは不倫相手に謝罪と慰謝料の要求をするのが一般的と考えますが、配偶者が独身だと偽って交際していた場合は注意する必要があります。
不倫相手は配偶者と近い将来結婚を真剣に考えて交際していたかもしれません。

この場合、不倫相手は配偶者に慰謝料を請求することも考えられます。
配偶者が独身だと偽って交際していたことにより、不倫相手に慰謝料請求が出来なくなれば、怒りの矛先は配偶者に向けるしかありません。
もちろん不倫をされた側は被害者なのですが、独身だと偽られて交際していた不倫相手も被害者の一人だということを認識しておきましょう。

不倫相手が風俗関係の場合

配偶者(夫または妻)が不倫相手と肉体関係があれば、誰にでも不倫に関する慰謝料を請求できるわけではありません。
例えば、夫が帰宅して不倫や浮気をしてきたと思い問い詰めたところ、肉体関係があったことを自白したとします。
通常であれば、夫の自白をもとに不倫の証拠として不倫相手に慰謝料請求を検討するでしょう。
もちろん、不倫の慰謝料請求をするには不倫相手を特定しなければいけません。
不倫相手が素人ではなく風俗嬢だった場合などは、不倫とは考えられませんので謝罪や慰謝料を請求しても応じてもらうことは出来ません。
この場合は、夫が悪いので夫婦間での話し合いになると考えて下さい。

また、水商売関係の女性との交際も問題があります。
肉体関係はないが、頻繁にメールのやりとりや食事などにでかけるケースがあります。
妻からしてみれば夫が頻繁に若い女性と外出していれば頭にくるでしょう。
しかし、相手の女性は商売の延長でメールや食事をしていると考えられます。
この場合も夫とよく話し合うことで解決するしかありません。
但し、最初は商売上での付き合いだったが、男女の仲に発展した関係を持った場合には相手の女性に対して慰謝料請求をすることが可能だと考えて良いでしょう。

不倫相手に名誉毀損!?

不倫の慰謝料請求をする側にとって、不倫相手を絶対に許せないでしょう。
不倫相手が許せないからといって、何をしても良いというわけではありません。
不倫の慰謝料請求で気をつけることは沢山あります。
その一つに「名誉毀損」があります。
不倫・浮気を止めさせるために、不倫相手に交際の中止を要求するのは当然です。
しかし、不倫をされた悔しさのあまり、不倫相手の職場などに不倫をしていた事実を暴露するなどをしてはいけません。
このようなことをすると、不倫相手から逆に名誉毀損として訴えられる可能性もあります。

また、不倫の事実を暴露されたことによって、不倫相手が勤務先を退職することになった場合には、損害賠償請求をしてくる可能性も考えられます。
不倫をされた側は被害者です。
しかし、不倫相手に対する名誉毀損などをしてしまうと、不倫相手から逆に訴えられる可能性が出てきます。
悔しさのあまりとった行動によっては、最終的に、どちらが被害者か分からなくなってしまう状態になります。
不倫相手から逆に訴えられるなんて納得できないでしょうから注意して下さい。

不倫相手に脅迫・恐喝・強要!?

絶対に「脅迫・恐喝・強要」と思われる言動はしてはいけません。
不倫相手を特定し、不倫に関する決定的な証拠を得ていても慰謝料を取れなかったケースもあります。
その多くのケースは不倫相手を「脅迫・恐喝・強要」してしまう場合です。
不倫相手と直接会って、冷静に交渉するのは難しいことです。
出来る限り、不倫相手と直接会うのは避けるべきです。
冷静さを欠き、状況を見失ってしまえばマイナスです。

不倫相手を許すことは難しいと思います。
怒りの感情が込み上げてしまい感情的な発言をしてしまう恐れがあるのです。
最後まで冷静に交渉しないと、相手から「脅迫・恐喝・強要」ということで逆に訴えられることも考えられます。
不倫相手の顔を見ても冷静に話し合いが出来る人は問題ありませんが、そのような方は非常に少ないと考えます。
不倫相手に慰謝料請求をする場合には、内容証明を利用するのが最善策です。
内容証明であれば、不倫相手に直接会う必要もなく、自分の意思を伝えることが可能です。
内容証明で不倫相手に謝罪と慰謝料請求をすれば良いのです。

不倫相手との交渉は優位に

不倫相手に慰謝料請求をしたとします。
不倫相手からの返事が「お金が無いので払えない」と言われた時に、「カッ!」となって「親兄弟に借りてでも支払え」「借金してでも支払え」などの発言も駄目です。
どうしても不倫相手と直接会う必要がある場合は、ファミリーレストランなどで話し合うのが良いです。
周りに人がいれば、お互い冷静に話し合うことが可能かもしれません。
不倫相手と自分の家や車の中で交渉するのは避けましょう。
不倫をされたことによる悔しい気持ち、辛い気持ちを抑えるのは難しいでしょう。
不倫相手に言い訳や反論だけではなく、訴えられるようなことはしてはいけません。
不倫相手に対しては、最後まで冷静に優位な立場で交渉するようにしましょう。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋工作料金表

↑PAGETOP