スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫を解消したい

不倫を解消したい

別れたいのに別れられない関係

忙しい中を、自分のために時間を割いてくれたり、デート代は、ほとんど相手がもってくれたり。
プレゼントも貰ったし、グチや悩みを辛抱強く聞いてくれた。
不倫の関係も、合意の上であったりする場合、なおさらそういった感情も強いでしょう。
そんな人のことを思い出すたび、別れを言い出せなくなったりするものです。
別れた後の相手が可哀想で、別れるに別れられないということもあります。
しかし、不倫であるなしは関係なく、男女の恋愛の責任は双方にあるものです。
相手に去られて落ち込むのがイヤであるなら、初めから恋愛などしなければ良いのです。
自分が相手を振るケースだって充分に考えられるわけですから、覚悟が必要なのです。

人間関係は、その多くが永遠には続かないもので、必ず別れがあるものです。
ですから、後ろめたさを感じる必要なないのです。
付き合いを継続することによって、自分の人生を棒にふるような関係であるならば、別れを選んだほうが良いでしょう。
一方が他方を支配する関係の場合は、まず別れた方が良いのです。
征服された関係を恋愛と勘違いしてる方も多いのです。
恋愛といっても、二人の関係を維持するために、「別れるなら秘密をバラす、関係をバラす」など、別れたい意志を伝えると脅してくることがあります。
また、暴力による脅しもあるでしょう。
そのような場合、当事者の方にしか理解できない苦悩や恐怖があるのです。
そのため、別れたいのに別れないという状態の中で、ずるずると相手のペースで不倫を続けてしまうのです。

与える恋愛!与えられてる恋愛?

恋愛中でも、相手が無能であるために頼られすぎてしまうケースもあります。
仕事が長続きしない、金銭感覚がないなど、人に依存をしないと生きていけない人と付き合っている場合です。
そういう人は「君がいないと、私は死んでしまうかもしれない」、「自殺する」など言って、二人の関係を持続させようとします。
脅してくる相手や弱さをアピールしてくる相手と付き合っていると、絶えず言うことを聞いてあげて、自分の人生を棒にふってしまう恐れがあります。
自分が相手に利用されているだけであったり、自分が相手に奉仕するだけであるような関係ならば、それは恋愛関係とは言えません。
気持ちを取り戻そうと必死に弱さをアピールして繋ぎ止めようとしてるのです。

お互いに成長をするのが本当の恋愛なのです。
相互の人間関係を通して、お互いが成長をしていくところに恋愛の意味があるのです。
お互いに、あるいは片方が、その恋愛関係によって、自分の人生を奪われたり、自由を奪われた場合は、別れた方が良いでしょう。
相手を思う気持ちが通じ合わずに偏ってしまっては、恋愛とは言えません。
ギブ・アンド・ギブ、テイク・アンド・テイクだけの関係では、なんのために付き合っているのか、わからなく感じる時がきます。
自分が相手に利用されているだけ、奉仕するだけでは、やがては不幸感が生まれるでしょう。

不倫関係の整理

「別れようかな・・・」と思った時、次の点を考えてみると二人の関係が整理されてくるのです。

  • 自分は相手に好かれていると感じるか、また、自分も相手に好きだという感情を持っているか?
  • 自分は必要とされていると感じるか、また、自分も相手を大事にしているか?
  • 相手に信用されているか、また、自分も相手を信用しているか?
  • 会っている時間が楽しいか、時間を「もったいない」と感じる時があるか?
  • 気持ちが通じ合っていると感じるか?
  • 嘘をつかないで本心で何でも話してくれているか?
  • 困っているときに、具体的に何かをしてくれるか?

これらは、一般的に恋愛相手に求める部分とされています。
このようなことを意識して、別れるかどうかの決断をすると良いでしょう

不倫を終わらせる最善の方法とは

不倫を終わらせる

不倫を終わらせたいと考えていても、今まで心を許し合って付き合ったわけですから、突然切り捨てるように別れを宣告すると、相手も激しく動揺し思わぬ行動に出ないとも限らないものです。
一番心が痛まない別れは、二人とも別れたくて別れる場合ですが、合意に達しないまま別れるのであれば、なるべく相手に精神的ダメージを与えないように配慮した方が良いでしょう。
まずは、会う頻度を少しずつ減らしていき、やがては電話やメールだけのコミュニケーションを心掛けて、更に回数や会話の時間を少しずつ減らしていくことです。
ある日、突然別れ話をすれば、誰でも驚き激しく抵抗するものです。
徐々にお互いの距離を離していき、別れに持っていくのが思いやりというものです。

続けるか別れるかを迷う人は、恋人なしでは自力では生きていけないという考え方を持っていることが多いようです。
恋人なしでは自力では生きていけないという考え方をまずは考え直してみましょう。
自分は子供ではないから、親や恋人の支えがなくても生きられると、思考を変えるように努力をするべきです。
また、自分のミッションエージェントや人生計画を今一度考えて、自分が何を成し遂げたいのかがはっきりしない人生にならないようにする努力をするべきです。
大人になるとは、独立した社会人として社会に関わっていくことをいいます。
ですから、愛の前にまず、自分がしなければならない仕事があるべきです。
仕事しか自分にない仕事中毒症は自他を不幸にしますが、愛しか自分にはないと思いこんでる恋愛中毒症も自分を不幸にします。
自分が自分の主人公であることを忘れて、人間関係に振り回されるのは問題があります。

別れる決断

人間には誰でも、別れに対して不安や辛さというものがあります。
男でも女でも、振るのも振られるのも嫌なものです。
しかし、この嫌な時間は永遠に続かないのが普通です。
たいていの人は、仕事や対人関係をもっているので、別れた当初は苦しいほど辛く悲しくても、やがてはこれらの対象に気持ちを向けられるからです。
やりがいのある仕事もなく、友達もいない場合、失恋における虚無感や絶望感から開放されるのに時間が掛かります。
そこで意図的に、仕事に没頭するとか、友達に話を聞いてもらうとかをして関わる対象をつくるのです。
気持ちの方向性を変える努力をするのです。
振る場合でも振られる場合でも、そこから新しい生き方をする機会であると考えましょう。
終わった恋を惜しむより、これからどんな生き方をするかを考えることが大切です。
子供なら、愛の対象を失うと孤独な不安に襲われるかもしれません。
しかし大人であるなら、その孤独には耐えられるはずです。
その辛さや苦しみをバネにつぎの生き方を模索することができるのが大人です。
そうやって自分にいい聞かせることも大切です

自分の気持ちを大切に

もし不倫の恋をあきらめ、新しい恋に向かうならば少々の痛みを覚悟しなければなりません。
不倫でも大好きな人との別れには相応の痛みが伴います。
ですが相手にサヨナラを告げる前に、もう一度あなたの思いをぶつけてみることです。
もしかしたら、そのときに相手の本当のあなたを思う気持ちがわかるかもしれません。
試すのではなく、本当に気持ちをぶつけるのです。
それでももし平行線だったら本当の別れを決意するのです。
別れて一人になるのはとても辛いかもしれません。
ですが不倫の恋にはどんな場面でも決断が必要なのです。

どうしても別れられない場合

  • 不倫相手が別れることに納得してくれない
  • 発展性の無い不倫関係をどうしても解消したいが相手が理解してくれない
  • 夫や妻にバレてしまう前に不倫を清算して家庭に戻りたい
  • 会社・身内に不倫関係をバラすと脅されているので怖くて別れられない
  • 別れたら相手がストーカーになりそうで自分から別れを切り出せない
  • 不倫相手が社内・近所の人なので穏便に別れたい

相手と別れることで気持ちを整理したい。
これでまの不倫関係を清算したいという方は、その決意を前面に出して対処する必要があります。
ご自分のだけでは解決出来ない場合でもあきらめて交際・関係を惰性で続けてはいけません。
「別れたい」、「別れてほしい」と伝えても自己中心的な恋愛をしている相手とはどうしても別れることが難しくなってしまいます。
「好きな人が出来たから・・・」、「辛い恋愛はもうしたくないから・・・」と伝えても余計に別れを拒みます。
不倫という恋愛に依存して、執着している場合が多いのです。
このような場合には執着する矛先を変える必要があるのです。

別れさせ屋工作によって、恋愛対象を変えるように仕向けて乗り換えさせるのです。
不倫している人は、不倫しているという自覚はあまり無く、普通の恋愛と同じ感覚でいるものです。
なので相手に、「気になる人」、「好きな人」をつくってあげることが一番スムーズに別れられる方法といえます。
恋多き人は常に誰かと恋愛をしていないと満足できない恋愛中毒者なのです。
その恋愛対象を別れさせ屋工作で演出するのです。
詳しい別れさせ屋工作について知りたい方はこちら

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP